#78 不況に強いシード・ステージの投資

2008年の世界金融危機を乗り越えたシード・ステージ投資
46(Youngrok) 2022.07.04
誰でも

去年参画してリードしてきたGREE LP Fundの米国でのVCファンド投資ですが、7月1日ファンドローンチに関してプレースリリースを出させて頂きました。今回のファンド設立を通じて今後より本格的に投資活動を行っていく予定です。日本のみならずアジアを代表するFund of Fundsへの成長を目指して取り組んでまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします!

***

景気後退が起きる時に、誰もが同じ大きさの衝撃を受けるわけではありません。例えば、今回のパンデミックの際に多くの業界が打撃を受けた中、Zoomといったリモートワークを手助けするようなソリューションは大きな成長を遂げました。

それは、スタートアップ市場も同じです。特に、スタートアップ投資をステージ別に分けてみると、レイターステージに比べてシードステージのスタートアップの方がインパクトが小さいのです。

以下のチャートは、スタートアップ投資を過去のディール数を三つのステージ、①エンジェル&シード、②アーリーステージ、③レイターステージに分けて、それぞれの年間増加率を示しています。ご覧の通り、2008年に世界金融危機が市場を襲ったとき、すべてのステージにおいてディールの数が減少しました。しかし、2009年には、アーリーステージやレイターステージの案件はさらに減少し、マイナス成長を記録した反面、エンジェル&シードのラウンドは急速な回復を成し遂げたのです。

米国ベンチャー投資におけるエンジェル・シード、アーリー、レイターステージのディール数
米国ベンチャー投資におけるエンジェル・シード、アーリー、レイターステージのディール数

ディールをサイズをみても同じことが言えます。次の表は、ベンチャー投資ディールのサイズ別の年間増加率を示しています。$1Mはおよそ1.3億円、$50Mはおよそ65億円に相当します。さて、$5M以下 (約6.5億円で大体シリーズA水準のディールサイズ)の案件は、全く影響が出てないか、限定的です。一方で、$5M以上の案件は、大幅に増加率が下がっていて(赤い部分)、大きなディールの方がインパクトが大きかったことがわかります。

米国ベンチャー投資におけるディールのサイズ別の総額
米国ベンチャー投資におけるディールのサイズ別の総額

最近もいろいろなテック起業で起きていることですが、不況時に起こることのひとつにレイオフ(解雇)があります。私の周りにも過去レイオフされた人が数人いるくらい、日本と違ってアメリカだとレイオフというのものがより一般的に行われますが、能力があるトップパフォーマーだとしてもコスト削減などの理由でレイオフを余儀なくされるケースもあります。では、その人たちは何をするのでしょうか。当然「起業」というのは一つのオプションです。例えば、ヘッジファンドに勤めていたTim Chenという方は2008年の世界金融危機の真っ只中にレイオフされました。しかし彼はその後NerdWalletというFinTech会社を設立し、昨年$1B(ユニコーン)の評価額で株式公開を果たしたのです。

また、不況時であろうと好況時であろうと、当然5億円を投資するより1億円を投資するのが簡単です。1,000円のランチを食べるという判断の方が、10,000円のランチを食べるという判断より遥かに簡単なのと同じです。投資においても少額の方が影響が少ないはずなのです。

今起きている・または起きようとしている景気後退でも同じようなことが起こるのでしょうか。当然前回の世界金融危機の時とは種類が違います。戦争、インフレー、サプライチェーン問題など状況は違います。しかし、少なくとも現段階では同じようなことが起きています。レイターステージの企業価値は大幅に落ちてきている中、シード案件はまだ競争が激しく、影響は限定的です。また、引き続き多くの人が新しいスタートアップを始めています。

さらに重要なことに、シード投資というものは、長期的なゲームであり、その価値と重要性は現在の状況に支配されるべきではないと思います。これは、今回もシードステージといった最も若いスタートアップへの投資は継続されるべきだと思う僕の願いでもあります。

References:

・CEO Tim Chen founded NerdWallet with $800 after being laid off in the 2008 financial crisis — now it’s worth $500 million - https://www.cnbc.com/2018/09/14/tim-chen-founded-nerdwallet-after-being-fired-in-the-financial-crisis.html 
・Q4 2021 PitchBook-NVCA Venture Monitor - https://pitchbook.com/news/reports/q4-2021-pitchbook-nvca-venture-monitor

「46のテクトレ」をメールで読みませんか?

無料で「46のテクトレ」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
#83 最近注目のレイト・ステージ・スタートアップへの投資手法
誰でも
#82 スタートアップまたはファンドの資金調達が難しい理由は?
誰でも
#81 次世代の資産管理ツールは?
誰でも
#80 今は優良スタートアップのセール期間中
誰でも
#79 VCから資金調達がしやすいスタートアップは?
誰でも
#77 株式投資 vs ベンチャー投資
誰でも
#76 次なるシリコンバレーを探して
誰でも
#75 やり方によって調整できるベンチャ投資リスク
誰でも