#123 ベンチャー・エコシステムを成長させたホリゾンタル・イノベーション

インターネットイノベーションに次ぐホリゾンタル・イノベーション
46(Youngrok) 2023.05.15
誰でも

ある事情でスターワーズのジェダイたちが使うライトセーバーを買いました。ルーク・スカイウォーカーのバージョンです。300ドル(約4万円)もする結構本格的なもので、最初の光り方もそうですし、色々な効果音までバッチリで、一人でかなり盛り上がりましたw しばらくしたら誰かにあげないといけないので、それまではスターウォーズシリーズでももう一度見ながらライトセーバーを所有しているという気持ちをもう少しだけ満喫したいと思います!

***

ここ20年間で、ベンチャーキャピタル・スタートアップのエコシステムは大きく成長してきました。エコシステムの大きさを考える上で、VCの投資件数は重要な指標になりますが、下のチャートの通り、その投資件数は大幅に増加してきています。より多くの投資家が、より多くのスタートアップ案件に投資をしてきているのです。

米国のVC投資件数(データソース:Pitchbook)

米国のVC投資件数(データソース:Pitchbook)

このデータをさらに深く見てみると、シリーズA前のラウンド(アクセラレータラウンド+エンジェルラウンド+シードラウンド)のディール件数が最も伸びていることがわかります。20年前はほとんど存在感がなかったステージでしたが、今やベンチャーキャピタル投資案件の50%以上がこのステージへの投資になってきています。

ステージごとの投資件数の割合(データソース:Pitchbook)

ステージごとの投資件数の割合(データソース:Pitchbook)

前回の記事「#113 不景気の時、スタートアップのテクノロジー・ノベーションは止まるのか?」でも触れましたが、マクロ経済環境がどうなろうと、技術革新は常に起きてきました。AWSの登場は、コストだけでなく、労力の面においても、起業のハードルを大きく下げました。さらに、ZenBusinessのような、誰もが簡単に会社を設立できるようにするスタートアップなど、生産性を上げるスタートアップの登場は、起業のハードルをさらに下げてきました。

このようなイノベーションは、投資家側でも起きています。AngelListのようなプラットフォームは、エンジェル投資家がより簡単に投資シンジケートが組めるようにしましたし、私のノートの最初の記事でも説明したローリング・ファンドのような新しい概念も考案しました。これらスタートアップ側及び投資家側のイノベーションはベンチャー・スタートアップエコシステムの著しい成長を後押ししてきました。

ここで重要なのは、AWSや生産性向上サービスを提供するすべてのスタートアップに共通するのは、「インターネット」であることです。世界銀行によると、米国におけるインターネットの普及は90年代後半から大きく増加し、2010年には、アメリカの人口の約70%以上がインターネットにアクセスできるようになりました。

United States - Individuals using the Internet (% of population) by World Bank

United States - Individuals using the Internet (% of population) by World Bank

ところで、こちらのチャートの形って、上のベンチャー案件数のチャートに似ていませんか?特に、シリーズA前のラウンド(アクセラレータラウンド+エンジェルラウンド+シードラウンド)の伸び方の形と似ていますが、5−10年くらい経ってから同じような形で初期段階のスタートアップへの投資件数が増えてきたのです。もちろん、エコシステムが成長した理由は他にもたくさんあります。しかし、インターネット技術の普及、さらにそれによるホリゾンタル・イノベーションが、ベンチャーキャピタルのエコシステムの隆盛を後押ししたことも明らかです。

今、私たちは多くの興味深い技術革新を目の当たりにする時代に生きています。最近の流行りであるAIから、Web3やブロックチェーン技術、宇宙技術、クライメートテックなど、様々な技術革新が起きています。その中には、次世代のスタートアップエコシステムを誕生させ、そして成長させることができるホリゾンタル・イノベーションがあるかもしれません。その技術は私たちがインターネット技術によって20年間経験したようなベンチャー・エコシステムの成長をもたらし、我々の生活をもう一度劇的に変化させるでしょう。私としては、そのような進化の一端を担うことができるのであれば、これほど嬉しいことはないと思います。

Reference
・Individuals using the Internet (% of population) - United States ( International Telecommunication Union ( ITU ) World Telecommunication/ICT Indicators Database) - https://data.worldbank.org/indicator/IT.NET.USER.ZS?locations=US

無料で「46のテクトレ」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら

誰でも
#163 AIスタートアップが輝くことができる業界
誰でも
#162 アメリカVCからの資金調達に必要なもの
誰でも
#161 メインストリームのアセットクラスになったVC
誰でも
#160 老後の資金に必要なベンチャー投資
誰でも
#159 VCが資金調達をする際に知っておくべきこと
誰でも
#158 LP出資:最低出資金額は?
誰でも
#157 シリコンバレーの大手VCが少額シード投資をする理由
誰でも
#156 ファンド・オブ・ファンズ仕事の醍醐味〜40歳を迎える自分の振...