#60 ウクライナ、ヨーロッパで10番目にテック人材が多い国

東欧では2番目
46(Youngrok) 2022.02.28
誰でも

先週はまさかのロシアによるウクライナ侵攻が始まり、全世界が不安に陥った1週間だったのではないかと思います。ロシアの本当の意図はなんなのか、アメリカは今後どのような動きを見せるのか、未知数が宅沢残っていますが、とにかく何の罪のないウクライナの人々、そして命令に従って動かなざるを得ない若いロシアの軍人たちの犠牲が一日も早く終わることを心から願っています。

***

近年、東欧はサムスン、オラクル、マイクロソフト、グーグル、IBM、モトローラなど多くのハイテク企業のIT開発・研究開発拠点として重要な役割を担っています。大手企業だけでなく、この地域に開発拠点を持つスタートアップを見つけることは難しくありません。昨年$6.3B(約7,300億円)のバリュエーションがついた最大のAIスタートアップの1つであり、日本でも多くの企業に使われているDatarobotも、東欧に大きな拠点を持っています。

中でもウクライナは、IT開発のアウトソーシングや開発拠点で最もよく知られた国です。グーグルやマイクロソフトのようなテック企業がキエフにR&Dオフィスをオープンしましたし、まだ数は多くないものの、ウクライナ発のグローバル・スタートアップもいくつかあります。例えば、2009年にキエフで設立されたGrammarlyは、現在$13B(約1.5兆円)のバリュエーションがついているデカコンであり、世界中のユーザーから愛用されています。私もそのユーザーの一人です。

ウクライナがテック企業を惹きつけている理由は、テック人材の「量」と彼らの仕事の「質」です。ウクライナには20万人のテック人材がいて、毎年3万人のテック人材を輩出している、ヨーロッパで10番目にテック人材が多い国です。東欧だけだとポーランドに次ぐ2番目です。この数字は、例えばITアウトソーシングの巨大マーケットであるインドに比べればはるかに小さいですが、インドよりもウクライナ(および東欧)の方が一般的に仕事の質が高いことはよく知られています。ウクライナの多くの人々が英語が話せますし、西洋という近しい文化圏にいるのも米国などの西洋のテック企業がウクライナを選ぶ理由になります。

もう一つの理由は、コストと品質のバランスです。ウクライナのテック人材はインドのテック人材よりはコストが高いですが、他のヨーロッパ諸国や米国のテック人材を雇うよりかは全然安いのです。例えば、ウクライナの平均給与は、ヨーロッパで1位と2位のテックハブであるイギリスとドイツに比べ、それぞれ1/5と1/7の水準です。ですので多くのテック企業は、ウクライナのテック人材と一緒に仕事をすることで、良質なサービスやプロダクトをより安いコストで開発できるのです。

***

今回のロシア侵攻によって、多くのウクライナ人が国外に逃亡しています。一部のメディアでは、難民の数は100万人にものぼると言われています。これに伴ってウクライナに進出している多くのテック企業は、彼らの従業員の避難計画を立てました。例えば、フリーランスマーケットプレイス最大手のFiverrは、すでにチームの大半をウクライナ国内外にある安全な場所に移転させたそうです。

その中、ウクライナからの人々を受け入れるために、ヨーロッパの国々はその国境を開けています。オーストリアは難民の受け入れを発表したり、ポーランドもウクライナ人のための受け入れセンターを立ち上げました。2015年の難民危機の際にアフガニスタン、イラク、シリアといった国々からの難民の受け入れには難色を示していたときとは違う雰囲気です。もちろんウクライナは同じヨーロッパの仲間ですし、国民の多くが白人でキリスト教なのも理由だとは思いますが、高い技術を持った人材の流入による経済的なメリットも、ウクライナの人々を両手を広げて歓迎する理由の一つではないかと思います。

また、ナイジェリアやメキシコなど、他のテクノロジーのハブとして台頭している国々にとっても今回の事態は好機かも知れません。ウクライナの状況がすぐに安定しなければ、特にメキシコや他の中南米諸国のように、多くのテック人材を誇りながら政治的不安定さが少ない国々は、多くのテック企業にとって次のアウトソーシング先として検討されても驚きではありません。中南米はアメリカとの時差も殆どないので、同じ時間に働けるのも大きなアドバンテージになります。

残念ながら、私はまだウクライナの会社や人材とは仕事をする機会がありませんでした。一刻も早く状況が好転し、テクノロジーのハブとして地位も維持して欲しいですし、近い将来には彼らと一緒に仕事をする機会が訪れることを心から願っています。

References:
・Ukrainian tech companies hope for the best, plan for worst - https://www.fastcompany.com/90725211/ukraine-tech-companies - 
・The State of European Tech 2020 - https://2019.stateofeuropeantech.com/chapter/key-findings/ 
・Eastern Europe: IT Talent Tech Hubs to Look For in 2022 - https://www.daxx.com/blog/development-trends/it-hubs-in-europe 
・For Ukraine’s Refugees, Europe Opens Doors That Were Shut to Others - https://www.nytimes.com/2022/02/26/us/politics/ukraine-europe-refugees.html 
・List of European countries by average wage - https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_European_countries_by_average_wage

「46のテクトレ」をメールで読みませんか?

無料で「46のテクトレ」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
#83 最近注目のレイト・ステージ・スタートアップへの投資手法
誰でも
#82 スタートアップまたはファンドの資金調達が難しい理由は?
誰でも
#81 次世代の資産管理ツールは?
誰でも
#80 今は優良スタートアップのセール期間中
誰でも
#79 VCから資金調達がしやすいスタートアップは?
誰でも
#78 不況に強いシード・ステージの投資
誰でも
#77 株式投資 vs ベンチャー投資
誰でも
#76 次なるシリコンバレーを探して
誰でも