#151 VC + PE(バイアウト)のハイブリッドモデル

新しいVC投資モデルの登場?
46(Youngrok) 2023.11.27
誰でも

先週はアメリカの3大祝日である感謝祭(Thanksgiving )でした。一部の会社は先週一週間をまるまる休日に指定するほど大規模な休日ですが、ショッピングで有名なブラック・フライデーとサイバー・マンデーが含まれます。私は家族が韓国と日本にいるので、友達と過ごす「Friendgiving」を過ごしましたが、1日目はアメリカの友達と一緒に感謝祭といえばの七面鳥料理を食べ、もう一日は日本の友達と一緒に感謝祭とは全く似合わない火鍋を食べました。よく食べたので、月曜日からは今年も無事に締めれるように残りの一ヶ月をまた頑張ろうと思います!

***

スタートアップのエグジット方法は大きく2つあります。IPO、またはM&Aです。 しかし、今、少しずつ人気が出てきているもう一つの方法があります。それは、プライベートエクイティによるバイアウトです。Pitchbookによると、バイアウトによるエグジット件数の割合は過去10年間増加しており、近年では全体のエグジット比率の約20%を占めています。

バイアウトとは、いわゆるKKR、ブラックストーン、カーライルなどに代表されるプライベートエクイティによる買収を指します。VCとバイアウトファンドはどちらもプライベートエクイティという同じ資産クラスに属しますが、その投資戦略は大きく異なります。一般的に、VCは様々な初期段階のスタートアップに投資し、20%未満の比較的小さな持分を取得します。一方、バイアウトファンドは、より成熟した少数の企業を買収します。

しかし、このバイアウト戦略がVCの間でも少しずつ注目を集めています。例えば、米国で影響力を持つ大型VCの一つであるベッセマー・ベンチャー・パートナーズ(Bessemer Venture Partners)は、2022年に初めてBVP Forgeという$780m(約1,150億円)規模のバイアウトファンドを立ち上げました。

バイアウトファンドにとって、「プラットフォーム・プレー」は珍しい戦略ではありません。 例えば、あるバイアウトファンドが、成長可能性は高いが競争の激しい業界の会社を買収し、その後、他の小規模な競合他社を次々と買収し、当初買収した会社に追加していきます。これにより最初に買収した会社はますますプラットフォーム化していきます。

今、いくつかのVCがこの戦略を開拓しています。他の影響力のあるVCであるジェネラル・カタリスト(General Catalyst)は、ヘルスケア業界の企業を買収できる「Health Assurance Transformation Corporation」という新しい会社を設立しました。

私はこのような動きは非常に興味深いものであり、今後の重要な戦略になり得ると考えています。 近年、特にソフトウェアのスタートアップは、創業に必要な限界コストが継続的に低下しており、人工知能のような技術のおかげでサービスを開発するスピードもかつてないほど速くなりました。つまり、参入障壁が低いスタートアップの場合、競争がますます激化しているのです。

このような状況では、成功することができるたった一つのスタートアップを見つけて投資するよりも、似たような分野の初期段階のスタートアップをいくつか買収する方が、投資収益を生み出す可能性が高くなるかもしれません。また、このモデルは、そのようなスタートアップのさらに初期段階に投資した他の小規模VCにとっても良いモデルです。潰れる可能性が高い投資先から高くはないが、ある程度の投資収益を上げることができるようになるからです。

このモデルが今後10年間でベンチャーの生態系を具体的にどのように変化させるかはまだ分かりませんが、このモデルが本当に有意義な戦略になるかどうかを理解し、それによってどのような投資機会が生まれるかを見つけることは重要だと思います。

References:How PE Firms Multiply Market Share Using A Platform Play - https://azmatmoh.medium.com/how-pe-firms-multiply-market-share-using-a-platform-play-28bc65b2d180

BVP Forge raises $780 million inaugural fund - https://www.bvp.com/news/bvp-forge-raises-780-million-inaugural-fund

The Future of Health by General Catalyst - https://www.generalcatalyst.com/perspectives/the-future-of-health

無料で「46のテクトレ」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら

誰でも
#163 AIスタートアップが輝くことができる業界
誰でも
#162 アメリカVCからの資金調達に必要なもの
誰でも
#161 メインストリームのアセットクラスになったVC
誰でも
#160 老後の資金に必要なベンチャー投資
誰でも
#159 VCが資金調達をする際に知っておくべきこと
誰でも
#158 LP出資:最低出資金額は?
誰でも
#157 シリコンバレーの大手VCが少額シード投資をする理由
誰でも
#156 ファンド・オブ・ファンズ仕事の醍醐味〜40歳を迎える自分の振...