#73 不況を経験したことないVCたち

アンドリーセンなど、多くの若いVCはまだ不況を経験したことがない
46(Youngrok) 2022.05.30
誰でも

先週は知り合いからゴルフに誘われて久しぶりにコースを回ってきました。15年ゴルフをやっていたとは思えないスコアではありましたが、少なくとも楽しかったので満足です。さて、回っているとき、電気バイクのゴルフカートを見かけました。なかなかかっこよくて楽しそうなので次回は是非乗って見たいなと思ったところです。少し調べたら日本にもあるみたいなので、ご興味ある方々は是非チェックして見てください!

電気バイク型のゴルフカート(写真の出典:<a href="https://www.visordown.com/news/new-bikes/golfing-brand-launches-pair-electric-motorcycles">リンク</a>)
電気バイク型のゴルフカート(写真の出典:リンク
***

私たちが耳にしたことのあるアメリカの有名なVCは、実はかなり新しいところも多いです。アンドリーセン・ホロウィッツ(A16Z)は2009年、イニシャライズド(Initialized)は2011年、NFXは2015年にそれぞれ設立されています。また、コースラ・ベンチャーズ(Khosla Ventures)、ファースト・ラウンド・キャピタル(First Round Capital)、ファウンダーズ・ファンド(Founders Funds)といったVCも、実は2004年・2005年設立されていて、比較的若いVCです。

2000年には、3つの大きな経済不況がありました。それは2000年から2002年にかけてのドットコムバブルと9.11テロ、2007年から2009年にかけての世界金融危機、そしてパンデミックや戦争、インフレーなどで大きな経済的打撃を受けている今になります。

セコイア(Sequoia)やアクセル(Accel)のような30-40年以上の歴史を持つVCは、これらの不況を何度も経験してきています。彼らは生き残っただけでなく、そのような困難な時期を乗り超えながら繁栄してきたのです。コースラ・ベンチャーズやファースト・ラウンド・キャピタルのように、世界金融危機以前に設立されたVCも、一度は不況を乗り切っています。彼らが今後起こりうる不況の中でも生き残り続けられることは、想像に難くありません。

しかし、もっと若いファンドはどうでしょうか。今、不況を経験していないVCが山ほどあります。アンドリーセン・ホロウィッツやイニシャライズドなどのファンドは世界金融危機の後に設立されていて、今まで不況を経験したことがないのです。

不況になれば、VCファンドは3つの観点から影響を受けます。まず、1)ファンドの資金調達、2)スタートアップへの投資、そして3)エグジットです。市場に十分な資金がないため、ファンドの資金調達は一層難易度が増します。また、好調なスタートアップが少なくなるため、良いスタートアップを見つけることが難しくなります。さらに、景気が冷え込んでいる時に上場をするのは難しく、企業による買収活動も鈍くなります。

したがって、世界金融危機以降に誕生した新しいVCが生き残れるかどうかを答えるには、そのVCらが上で話した3つの観点からそれぞれどれだけのインパクトを受けるのかを理解する必要があります。アンドリーセン・ホロウィッツを例にとって考えてみましょう。彼らは資金調達に苦労するのでしょうか?おそらく答えはノーでしょう。彼らのファンドのパフォーマンスの良し・悪しとは関係なく、彼らは強いブランドを築き、スタートアップ・シーンだけでなくテック業界全体に強い影響力を持つようになってきています。なので、資金調達にはあまり苦労をしてないようです。これは彼らが先週発表した45億ドル(5,500億円相当)規模の暗号資産ファンド立ち上げるからも伺いすることができるでしょう。

おそらく投資も問題ないと思います。彼らのブランドと影響力のおかげで、スタートアップの創業者たちは彼らからの資金調達を求めてアンドリーセン・ホロウィッツに集まってきます。

つまり、アンドリーセン・ホロウィッツの場合、彼らの資金調達や投資活動には大きな影響がなく、したがって、今後の不況も無難に乗り越えられると思います。もちろん、NFXやイニシャライズドなど、強いブランド力と影響力を持つVCにとっても同じことが言えます。

しかし過去に不況を経験したことがなく、資金調達能力と投資能力に競争優位性がないVCにとっては、プランBを真剣に考え始める必要があると思います。ベンチャー・キャピタルは、長いフィードバック・ループを持ちます。つまり、ファンドがいい仕事をしたかどうかを知るには、5〜7年といった時間がかかるのです。ですので、すぐ来年どのVCが生き残るかを知ることはできませんが、今回の不況でおそらく多くのVCが打撃を受け、それに生き延びることができなくなったところは徐々にフェードアウトしていくでしょう。

References:
Daily Crunch: a16z literally doubles down, announces $4.5B Crypto Fund IV - https://techcrunch.com/2022/05/25/daily-crunch-a16z-literally-doubles-down-announces-4-5b-crypto-fund-iv/

「46のテクトレ」をメールで読みませんか?

無料で「46のテクトレ」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
#77 株式投資 vs ベンチャー投資
誰でも
#76 次なるシリコンバレーを探して
誰でも
#75 やり方によって調整できるベンチャ投資リスク
誰でも
#74 今は投資を止める時ではなく、投資スピードを戻す時
誰でも
#72 世界で一番大きな投資家は?そして彼らが最近投資を増やしていると...
誰でも
#71 ベンチャーファンド投資の最も良いタイミングは?
誰でも
#70 スタートアップ創業:ビジョン vs 実行
誰でも
#69 暗号資産ネイティブ世代の誕生
誰でも